•  大垣女子短期大学
  •  主な合格実績です。 
  • 東京都立広尾看護専門学校 奈良県医師会看護専門学校 社会医学技術学院 沖縄看護専門学校 岐阜保健短期大学
  • 相模原看護専門学校 共立高等看護学院 穴吹医療大学校 新潟看護医療専門学校 東海医療科学専門学校理学療法科
  • 東京医療専門学校鍼灸マッサージ科(本科) 倉敷看護専門学校 東京女子医科大学看護専門学校 名古屋市医師会看護専門学校 半田常滑看護専門学校
  • 宮本看護専門学校 深谷大里看護専門学校 岩国医療センター附属岩国看護学校 泉佐野泉南医師会看護専門学校 岡山労災看護専門学校
  • 八王子市立看護専門学校 兵庫県立大学 埼玉県立大学(助産師関連科目履修者選考試験) 東京警察病院看護専門学校 奈良県病院協会看護専門学校

看護学校の入学辞退について/ぜひご相談を。

看護学校の併願を検討している社会人の方々から「もし2校以上、看護学校に合格した場合、入学を辞退できるのか」とのご相談をよく受けます。志望校を決めるうえでとても大切な質問です。勉強する科目や今後の計画が変わるので本当に悩むと思います。様々なケースが考えられるのですが、まずは学校の規定を見ていきましょう。たとえば、北里大学は特別選抜(社会人入試が実施されています)入学辞退について、こんな規定をサイトに掲載しています。速やかに電話で入学辞退を申し出て所定の入学辞退届に入学許可証を添えて当該学部入試係に3月31日17:00必着で送れば入学金を除く納付金を返還するとのこと。

今治看護専門学校の場合は、こうです。3月31日16時までに入学辞退届および学納金返還請求書を簡易書留など記録の残る方法で送付すれば、届き次第、入学金を除いた学納金の返還手続きが行われるとの規定掲載があります。(ちなみに今治看護専門学校は社会人入試入学金免除制度を持つなど、社会人受入に理解があります)

今あげた2校、北里大学、今治看護専門学校を見た場合、どちらの場合でも入学辞退はできるけれども、所定手続きが必要で入学金は返還されない、という規定であることがわかります。ただし、学校により規定は異なります。専願規定があり、受験前に入学確約書、誓約書を書く場合も多いです。

つまり、入学辞退をどう考えるかは、志望校、受験時期、辞退するタイミング、入試制度、経済面そして、あなたの今の学力・得意科目など個々のケースにより異なります。そもそも辞退できるのか、どうなのか、その場合、どっちを辞退するのか、専願・併願を考えている社会人の皆さん、ぜひご相談ください。専願規定があっても入学辞退できることもありますし、逆に、そのタイミングで辞退したら、次の試験で合格できないと行く学校がなくなってしまう、というケースもあります。貴方の事情に合わせた、最もふさわしい助言ができると思います。すっきりしたうえで受験勉強に励みましょう。(敏塾 富士)

まえのページ
つぎのページ

資料請求

What's New

 

 

 

 

3つのプレゼント

  • 原稿用紙(400字詰)無料ダウンロード!
  • 資料進呈
  • メールマガジン
  • 看護医療の社会人入試(小論・英・志面)

科目別インフォメーション

国語
英語
小論文
就職対策
志望理由書
面接

進路別インフォメーション

看護師
助産師
認定看護師
専門看護師
作業療法士
理学療法士
言語聴覚士
保健師
歯科衛生士
その他

看護学校の話題

ア行
カ行
サ行
タ行
ナ行
ハ行
マ行
ヤ行
ラ行
ワ行

各学校の名前を五十音順に分類してあります。

社会人入試 看護学校 NEWS

社会人入試 看護師 NEWS

看護医療最新ニュース

社会人入試のススメ

もっと仕事の専門分野について学びたい、学歴が欲しい、資格をとって収入をあげたい...というようなことを考えたことはありませんか?そんな方々には、社会人入試で大学や大学院に通うことをお薦めします。働きながら学校へ通うことは大変ではありますが、小さい頃に嫌々勉強した内容とは違い、きっと自ら進んで楽しむことができるでしょう。社会人入試には、学費が安かったり、入試科目が少なかったり...と、一般の学生と違ったメリットもあります。年齢に関係なく、いつからでも学べます。ぜひチャレンジしてみてください!

資料請求


●今のままの自分でいたくない ●ずっと前から看護師になりたかった ●万一のときも子供たちを守るために資格がほしい ●生活・収入・将来を安定させたい
●自分らしい人生を歩みたい ●周囲は「合格できるはずない」と言うけど、合格して見返したい ●人のために働きたい●久々の勉強だけど挑戦したい
●家族を安心させたい ●年齢的に不安はあるけど頑張りたい ●看護医療の仕事が好きだ。もっと極めたい●何度受験しても不合格だった。今度こそリベンジしたい 
●社会人の看護医療系受験を専門にずっと教えてきたプロから指導を受けたい ●看護学校を中退した過去があるけど、その学校を再受験してやり直したい ●新しいことにチャレンジしたい ●とにかく絶対合格したい ●学生時代、勉強は今までサボってきた。でも、やるしかない。逃げたくない ●経済的に自立して離婚したい ●今の会社を辞めたい ●自身の闘病経験や障害を活かしたい ●外国籍だけど看護師になりたい ●緊張すると実力が出せない。そういう自分を変えたい ●応援してくれる家族や周囲の期待に応えたい ●この受験を自分の成長の糧にしたい